生え際の薄さが気になりだしたら、、、今すぐ!育毛にとりかかりましょう

ハゲになるメカニズム

今現在の最新医療では、ハゲに対する治療法がかなり進んでいます

 

そもそもなぜハゲるのでしょう?

 

頭頂部を守るために、体毛(髪の毛)が生えていることは必要なことですよね。

 

男性ホルモンのせいだとか、遺伝だから仕方ないとか、食生活の影響だとか、いろいろ諸説あります。

 

 

 

禿げるという現象が起きるには、必ず要因があります。

 

ここでは、ホントに簡単にざっくりと、禿げるメカニズムを紹介します。

 

 

科学的な要因究明や、育毛剤の開発は専門の研究者に任せておけばいいのです。

 

ただ、自分の頭皮に起きている事を、なんとなくでも知っておいた方が良いのは間違いありません!

 

 

 

ジヒドロテストステロンの生成が脱毛原因

 

皮脂腺からは、男性ホルモンであるテストステロンが分泌されます。

 

 

毛母細胞は、5αリダクターゼという酵素を持っており、

 

5αリダクターゼがテストステロンに働きかけると、

 

ジヒドロテストステロンが生成されます。

 

 

この生成が脱毛の原因となります。

 

 

 

男性・女性ともに脱毛・薄毛の原因の95%は男性ホルモン由来。

 

 

男性ホルモン由来の若ハゲや薄毛は男性の場合、

 

生え際が後退するか、頭頂部を中心に薄くなる傾向があります。

 

 

 

女性は全体に薄くなるように脱毛が広がります。

 

特に更年期以降、全体的に髪が薄くなってボリュームが無くなるのは、

 

男性ホルモン由来の薄毛の大きな特徴です。

 

 

 

ハゲるメカニズムはだいぶ分析・解明されてきています

 

しかし!あなたが知りたいことはそんなことじゃ無いはずです!

 

 

上にした記述も、簡単に説明した方です。

 

 

それでも、これだけの専門用語をずらずらと並べて、

 

何がどう効き目があるのか分かりにくいですよね。

 

 

そんな説明はいいから、どうしたら髪の毛が生えてくるのか早く教えろ!
ってことですよね。

 

 

しかし、焦ってはいけません。

 

 

じっくりと自分の頭皮状況とハゲ方のパターンを見極めないと、
無駄な育毛剤に手を出して失敗する羽目になりますよ。

 

 

 

最低限でも男性ホルモンの名前(テストステロン)や、

 

脱毛原因物質(ジヒドロテストステロン)の仕組みくらいは知っておかないと、

 

育毛剤を買うにしたって、どれを選べばいいのか参考になるものがありません。

 

 

頭皮の栄養補給のために育毛剤を

 

買うんですよねみなさん。

 

自分の頭皮は、どういう栄養を欲しがってますか?

 

 

育毛生え際.com
PCTOP
次へ男性ホルモンが原因
スマホTOPはコチラ

 

 

育毛ノウハウランキング